イヤホンのリケーブルによる音質変化はプラシーボ効果の嘘ではないが、オカルトが混じっていることに注意すべきである

♨の人

-

スポンサーリンク



※この記事はあくまでも私が調べた限りの結論を備忘録として書き記しているものです。
ですから私個人はこう思っている、という話であって、リケーブルを悪だとかそういうようなことを語った記事ではありません。批判などはお控えください。



いやまあね、私はオーディオマニアじゃないんでリケーブルなんてハナからする気は無いんですけれども、イヤホンっていつかは断線するものじゃないですか。

そしたらリケーブル出来るイヤホンはケーブルを買えばまた使えますよね。非常に精神衛生上よろしい設計だと思います。

しかし、そこでひとつ出てくる問題が「リケーブルによる音質の変化」ですよ。

ネットではイヤホンはリケーブルすると音が変化するというのがさも当然の如く語られており、尚且つケーブル自体も安いものだと1000円、高いものだと10万円以上もするようなものが売られています。

また手頃な価格でAmazonで調べてみても、同じ値段でも無酸素銅やら銀メッキやら16芯やら本当に色々色々出てくる。

もしリケーブルにより本当に音が変化するのだとしたら選ぶのにもそれなりに労力を使いそうだし、もし変わらないのだとしたら見た目とかを気にしなければ一番安いものを選ぶのがいちばん賢い買い物ですよね。

というわけで、自分なりにリケーブルにより本当に音が変わるのかということを調べてみることにしました。

まず変わるか変わらないかで調べてみると、意見は見事に半々


とりあえずTwitterとかで調べてみると、オカルトと揶揄する声が半分、実際に変わったという声が半分でした。まあ予想通りですが。

私自身は変わる可能性もあるし、変わらない可能性もあると思います。

リケーブルを高音質SDカードとか、音質のいい圧縮ソフトとかそういうのと同列と思っている人も多いかと思いますが、イヤホンを流れるのはあくまでもアナログ信号なんですよ。
ですから粗悪なケーブルを使用すれば、ノイズにより音質が悪化してもおかしくは無いのでは?と思います。


結論としてはリケーブルで音は変わる


はい。早速ですが結論から。リケーブルで音が変わるのは紛れもない事実です。

というか、ケーブルのインピーダンスが変化すればイヤホンの周波数特性も当然のごとく変化します。
(ここから下記の引用に関しては、画像などを交えて詳しく説明している引用元を閲覧することを推奨します)

イヤホン/ヘッドホンのインピーダンス R は周波数によって異なるため、 
Z が0でない機器では、Z による音圧低下の大きさも周波数によって変わり、 
結果として周波数特性に変化が生じます。 

BA型イヤホンなど、周波数による R の変化が大きな機種では
当然 Z による周波数特性変化も大きくなります。
引用:ヘッドホンアンプの出力インピーダンスと音質



イヤホン、ヘッドホンのケーブル交換(リケーブル)には効果があるのか?
リケーブルの際に気を付けるべき点は?ということについて。

■ケーブル交換で特性は変わるのか?

端的に言えば、変わります。 
ただし、その変化が人間の聴覚で弁別できるほどの大きさになるかは別問題です。 
実際のところ、多くの場合リケーブルによる効果は極めて小さく
人間の耳では到底聞き分けできないレベルの変化しかしません。(一部例外あり。)

心理効果は置いておくこととして、物理的に確実に変わるのは次の2点です。 

イヤホン、ヘッドホンのインピーダンス R は周波数によって異なるため、 
(Z + Z') の値が変化するとそれによる音圧低下の大きさも周波数によって変わります。 
よって、リケーブルにより Z' が変化すると周波数特性に変化が生じます。 

・GNDの共通インピーダンス変化によるクロストーク特性変化 
アンプの出力インピーダンスを Z、イヤホンのレシーバ(ドライバ)のインピーダンスを R,
GND線の共通部分とケーブルのそれ以外の部分のインピーダンスを 
それぞれ Rc, Rh とすると、Rc << Z + R + Rh のとき
ケーブルで発生する逆相クロストークの大きさは 
20log[Rc / (Z + R + Rh + Rc)] (dB) となります。 

イヤホンケーブルには 
3線(L側とR側のGND線がケーブルの途中でまとめられているもの)と 
4線(L側とR側のGND線がプラグ部分まで別々になっているもの)があり、 
4線ケーブル同士ではクロストークにはほとんど差は出ませんが、 
3線ではGNDの共通インピーダンス Rc が増しクロストークが大きくなります。

・線材にこだわるのは無意味 
 線材が変われば抵抗率が変わるので、抵抗は定性的には確かに変わります。
 ただし、その変化は銅から銀にしても約6%、
 OFCからさらに純度を高めたところで1%以下に過ぎません。 
 これでどの特性が何dB変化するのか、計算して定量的に考えましょう。 
 その他、ハンダの種類やプラグの材質などについても同様のことが言えます。
引用:イヤホン、ヘッドホンのケーブル交換(リケーブル)と音質



そして、その変化を周波数特性やクロストーク特性などを測定したものがこちらに掲載されております。

このグラフから予想されるように 
純正ケーブルと抵抗値が大きく異なるほどイヤホンの特性変化も大きくなります。、
つまり、TF10用ケーブルの中でも抵抗値が特に低いHPC-UE/1.3こそ、
純正ケーブルから最も大きく音が変わるケーブルの一つであり、
変化を観察するのにうってつけのケーブルだったからです。
引用:TripleFi 10 (10Pro) リケーブルの効果を測定しました



ER38-24やER4P-24などの抵抗入りケーブル(アッテネータ)をヘッドホンアンプとイヤホン(ヘッドホン)の間に入れて使用した場合、音質面ではどのような効果があるのか?ということについて。

■抵抗入りケーブルを使うことの意味

イヤホン・ヘッドホンに対して抵抗入りケーブルを使うのは
DAPやヘッドホンアンプの出力インピーダンスを増加させるのとほぼ等価です。

たとえば、出力インピーダンス1Ωの機器に抵抗値82ΩのER38-24を使うと
機器の出力インピーダンスが83Ωになったものとみなせます。

■抵抗入りケーブルの音質への影響

一番重要なのがこれ。
AURVANA In-Ear2、hf3、TripleFi 10(10Pro)の例を示します。

赤い曲線が各イヤホンをHP-A7に直接つないだときの周波数特性で、
そこに3Ω、20Ω、82Ωの抵抗入りケーブルを使うと周波数特性は
それぞれ緑、青、紫のようになります。

周波数特性が変化する原理についてはこちらの記事を、
他のイヤホンの場合にどのように変化するのかはこちらの記事をご覧ください。

このようにはっきりとした変化が出るのはBA型イヤホンの場合のみで、
ダイナミック型(オープン型やヘッドホンも含む)ではそれほど変化しないものが多いです。
引用:抵抗入りケーブル(アッテネータ)と音質



所謂高いイヤホンに搭載されることが多いBA型ドライバはインピーダンスが一直線では無いため、リケーブルによる音の変化、というか音色のバランスの変化を更に感じやすいとの事です。

イヤホンの場合でも、ダイナミック型ドライバをシングルで搭載しているタイプは、価格を問わず、インピーダンスが一直線なものが多いです。ハウジングによる共振などはありますが、インピーダンスへの影響は微々たるものです。

BA型の場合、そもそもBAドライバ単体のインピーダンスが一直線ではありません。シングルで搭載しているKlipsh X10やEtymotic ER4S、Shure SE314、Westone W10など、どれを見ても、インピーダンスは20Ωくらいから、高音域にいくに連れて一気に上昇していきます。

さらに、高・低の2ドライバや、高・中・低と3ドライバになると、各ドライバを同相か逆相で接続するかなどで、それらが交差する「クロスオーバー帯域」で出音が変わってくるため、チューニング具合によってインピーダンスが山になるか谷になるか、複雑になってきます。

Westone UM-3Xでは、低域から中域にかけてはシングルBAドライバと同じように20Ωなのですが、ドライバが交差するクロスオーバー周波数付近では110Ωにまで上昇しています。一方Shure SE535では、同じく低~中域は20Ω程度なのですが、交差するポイントで10Ωにまで落ち込んでいます。つまりWestoneとは真逆ですね。

さらにSE846では、複数のドライバを並列に搭載しているため、低域のインピーダンスは16Ωになり、クロスオーバー周波数では5Ωにまで落ち込みます。こういった部分がWestoneとShureの音質差に貢献していたりします。どれが正しい設計かという問題ではなく、各メーカーごとの設計理念にもとづいています。

このように、インピーダンスが低く、しかも変動が激しい場合には、二つの問題が発生します

まずは、アンプの出力インピーダンスの影響です。先ほど見たように、Lehmann Linearなど「出力インピーダンスが高い」アンプを使うと、SE846の5Ωの音域と16Ωの音域では同じボリューム位置でも結構な電圧差、つまり音量差が発生してしまいます。一方Fiio X5-IIなど「出力インピーダンスが低い」アンプを使えば、5Ω・16Ω関わらず、きっちり同じ電圧で駆動してくれます。つまり聴感上、合わせるアンプによる音色の差が生じやすいということです。
引用:ヘッドホンアンプの出力とか、インピーダンスについて(後半)




インピーダンスによる変化のデータはちゃんとある。しかし無酸素銅やらの線材による変化のデータは見つからない


イヤホンのリケーブルにおいて、無酸素銅や銀、金メッキなどの線材による変化があるとは私は思っていません。

上でも散々示したように、私が調べた限りではありますがケーブルのインピーダンスによる音の変化は色々な有志の方が信頼に足るデータと共にその理由を説明しておりました。なのでリケーブルは確実に効果があると言えるでしょう。

しかし。これが線材の質や分子構造、例えば無酸素銅だとかヴィンテージケーブルだとか、そういうものになると途端に信頼に足るデータが見つからなくなるからです。

もちろん最もらしいような理論を書いているようなサイトは沢山ありましたが、名作な根拠となる比較の「データ」を記しているものは皆無も皆無。
結局のところケーブルの材質以外の要素を全て同じにした周波数特性の変化の比較。例えば無酸素銅と銀と金メッキの同じ抵抗値のケーブルを用いてイヤホンの周波数特性を比較した、というようなものはひとつもなく、なぜ優れているのかは上のような線材の素晴らしさについて解いた蘊蓄と、聴き比べた執筆者の主観評価でしか語られていない。

もし本当に変化があるのであれば、徹底的に検証してそのデータを出せば誰もが納得するはず。インピーダンスの変化によるリケーブルならばその手の情報はいくらでも出てくるのに、これがケーブルの材質になった途端ひとつも見つからなくなる。

これは正直なところ信用に値するのか疑問です。

ちなみに天下のWikipediaさんによるとこんな感じ。

より高純度なハイクラス無酸素銅(主に99.9999%(6N)以上の高価な無酸素銅)を用いて作られたケーブルも存在し、その価格は数万円から数十万円に到る場合もある。
ただし、音質でTPCと比較した場合、わずかな純度の差と音との関係は決して定量的に論証されてはおらず、最近では従来の常識に対して批判が投げかけられている。
高木(1986)によれば、1972年よりも前に有名な電線会社の技師長が、無酸素銅線により音質が変化するかの実験を行ったとされる。



なので百歩譲ってもし本当に線材による変化があるのだとしても、今は信用に値しないと判断しました。

今のところ、イヤホンの線材による音の変化については客観的に見て水素水とかスーパーゼログリッドとかtntnを大きくするサプリとかそういうニセ医学と同じレベルです。

最もらしいことを語ったり、違いはある!と熱弁してはいるが、結局のところ明確なデータはひとつも無い。
信じるものは救われる、違うという根拠もないだろう。悪魔の証明。そんな感じ。

この手の話題ってなんか荒れやすいみたいで、ネットの至る所でレスバが起こってるんですよ。しかし、それらの流れは総じて同じ。肯定派は違いはあると連呼するだけで、明確なデータはひとつも出さない。

私みたいな素人というか外の人間からすると、そんなに変わるならデータ出すのも簡単なんじゃないかなぁと思うんですけどね。寧ろSONYとか嬉嬉として高音質ケーブルとか売りそうだし。

もし今後なんらかの定量的な研究が行われ効果があると結論付けられたとしても、ここまでデータを出すのに苦労するようであればそれによる変化は本当に微々たるものであり、何万もするケーブルに投資する価値はあまりないと思われますね。マイ電柱立てるような相当のオーディオマニアでもなければ気にしなくてもいいんじゃないかと思います。

まあ思い込みによる音の変化を楽しむのもオーディオと言われれば私は何も言い返せませんがね。
コンビニのおにぎりを美少女が作ったと言われるのと、1ヶ月風呂に入ってないSyamuさんが作ったと言われるのじゃ受ける印象もだいぶ変わるでしょうし。
趣味ですしそういうのを楽しむのはいいんじゃないでしょうか。


一番の問題はインピーダンスによる音の変化を、線材による変化と思い込むところ


これはなかなか厄介だと思いますね。

私みたいに何でもかんでも疑って、自分が信用に値すると感じる根拠がなければ信用しないような人間はともかく、これだけネットでリケーブルによる音の変化が当たり前のように語られていれば普通の人は変化すると考えて当たり前だと思います。
特にリケーブルに拘るような人は大抵が高価なイヤホンや高価な再生機器を揃えていますから、そういう所も関係しているのでしょう。

また上でも語ったようにケーブルが変わればインピーダンスが変わるため、音の傾向が変化するのは事実です。
しかしメーカーはそういうような表現などせず「高純度無酸素銅を使い」みたいな市場でウケる商品説明をします。

なので何も知らずにリケーブルをした人は「高純度の無酸素銅は音が良くなる!」と思ってしまうでしょう。
またインピーダンスが変われば音量も変わりますから、ラウドネス効果によりさらに変化したと思ってしまうことも決して少なくないかと思います。

ここでリケーブル肯定派になる。
そしてリケーブルのオカルト派と対立してしまうわけです。こんなに違いがあるのだからオカルトなわけがない、と。

音が変わるのは事実ですし、どちらも根拠を示すことは出来ない。だからいつまで経ってもリケーブルに関しての論争は平行線のことが多いのかと思います。

私も今回この世の全てのリケーブルに関する文献を調べたわけじゃありませんし、もしかしたら今後なんらかの新たな根拠が発見される時が来るかもしれません。

しかし、その時はその時。根拠があったなら信用すればいい話です。
で、今は線材による音の変化の簡単に見つけられるような広く知れ渡った定説は無い。

ですから、私は今は自分の中ではリケーブルによる音の変化は「インピーダンスによる変化はある」としておくことにします。

あくまでも変化ですよ。
音質が良くなるとは誰も言ってませんからね。

更に言うとある程度の知識があり、なおかつ自分で計算しなければリケーブルはお高いガチャです。ですから決して万人におすすめできるとは言わないでしょう。

あ、もちろんここまで語ってきた情報については私個人の考えですから、化学でまだ判明していない線材による音の変化を信じ高額なケーブルを買っているのなら好きにしてください。

しかし私は今回書いたような情報を元として、私の知人などが高額なリケーブル商品を買おうとしていたのであれば止めますがね。
DACなりイヤホンなり耳掃除なり他に投資した方がいいのは明らかですから。

例えばイヤーピースを変えるだけでも、音はかなり変わってきますからね。高いイヤホンとかだとウレタンフォームやトリプルフランジとか色々付いてきますし、それらを試してみるのがオススメかと。

音質に影響する(?)要因集

あと最後に、端子の汚れを除去すると音が良くなるそうです。

イヤホンの高音質化! リケーブルの前にやるべき効果的なこと - 人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

イヤホンはリケーブルだけでは高音質にならない? 高音質で安いイヤホンケーブルを探したが、、? オーディオを趣味にしているとスピーカーやアンプなどの機器を交換すること以外に、スピーカーケーブルやRCAケーブル、電源ケーブルなどを交換して理想の音を追い求めたりする。 www.audiojazzlife.com 通勤には欠かせないイヤホンも、ピュアオーディオほどではないが、心地よく音楽が聴けるようにしたいものである。 イヤホンも自分の好みの音にする為に、ポタアン(ポータブルアンプ)を導入したりもするが、手っ取り早いのはケーブルが脱着出来るイヤホンの場合、リケーブル(ケーブルを交換)や、イヤーピースの…


リケーブルの効果ってもしかしてコレもあるんじゃ(ry

以上です。

例のチップについての話

ケーブル線材についての3つの迷信

ブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク