チー牛男♨の人がV系メイクしてsnowで加工をしてみた

♨の人

-

スポンサーリンク

先日、YouTubeの関連動画でこんな動画が流れてきました。



私は個人的な趣味でビジュアル系が好きなのですが、やっぱメイクって凄いんだなぁという印象を受けました。

というわけで、今回はチー牛男子筆頭の私がメイクと加工の力でどのくらいV系のような感じになれるのかというのを検証してみました

それではどうぞ。



使ったメイク道具



使ったものは少数です。

・綿棒
・アイライナー
・アイシャドウ黒・赤
・ハイライト
・下地
・パウダーファンデ
・マスカラ
・ウィッグ


以上です。

百均のものや安価なものを選んだので、予算は結構安かったです。



行った手順、モデル


今回は、私の憧れの人であるLynch.というV系バンドのヴォーカルである葉月さんのパンダメイクを参考にしました。



まず手順として下地を眉毛に塗り、その上からファンデーションで眉を消します。

そしたら眉を書いて、瞼にアイシャドウを塗る。そしたらアイラインを引いて、目じりに赤のシャドウを少し。マスカラをつけて、あとは何やかんやしたら完成です。付けすぎたところは綿棒で消しゴムのように消したり、目の中にマスカラやアイライナーが突き刺さったり色々ありましたが何とか上手く行きました。

あとはウィッグを被ってワックスで髪型を整えて完成です。

そして完成した写真がこちら……と言いたいのですが、私は特定防止を貫いている人間です。そんな私が自分の顔を晒す訳には行きません。

というわけで、snowという昔話題になって今はもう定番である(というか私ですら知っているレベル)加工アプリを使って弄ることにしました。






完成品


というわけで、snowを使って加工した完成品がこちらです。


本当は葉月さんみたいにオーバーリップにしたんですが、口元まで見せるとさすがに特定が怖いので隠しました。

どうでしょうか?私は自己流でめちゃくちゃやった割にしてはまあまあ上手くいったかなという感じです。

まあ昔よききとかはてにゃんの動画を何本か見たので、その頃の記憶を頼りにしてやったので完全自己流とは行きませんけどね。





snowの力は恐ろしい


で、なんで完全特定防止の私が顔を晒せるのかということですが、それは当然snowの力です。

加工前と加工後は結構違うので、これならバレないだろうと判断したわけですね。

というわけでsnowの加工の力がどれくらいか実際見てもらおうと思います。

今回は私の顔を使うと身バレが怖いので、この人に頼みました。



ぱくたそのいつもの人の写真です。

これを、snowで最大限別人に見えるように加工するとこうなります。



どうでしょうか。完全に別物ですよね。

鼻を細く小さく、輪郭を細く小さく、目を大きくして眉を下げ、肌を滑らかにしました。

これでsnowの秘めたるポテンシャルがわかったと思います。

具体的にはsnowには顔のそれぞれのパーツを小さくしたり位置を変えたりする機能が着いています。それを最大限にかけるとこう変化する、という例です。もはやフォトショレベルですね。

Twitterとかに上がっている自撮り写真。それは果たして本当にこの世に存在する人間の顔なのでしょうか?



あとがき


あとがきです。

私はこれからもV系メイクはたまにやろうかなと考えています。個人的にコスプレメイクとかV系メイクが好きなので、私もやってみたいんですよねああいうの。葉月さんに憧れてるので、やっぱメイクが上手くなりたいという欲求はあります。

あとはデスボの練習をしなければいけませんね。


それでは、以上です。
ブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク