Googleレンズがうざい!いらないのでGoogle画像検索に戻す方法を教える

♨の人

-

スポンサーリンク

どうも、温泉の人です。

いつからか、私が高画質版の画像を検索する時によく使っていたGoogle画像検索が使えないようになっていました。

今までだと画像を長押しすることで出てきたGoogleで画像検索が


Googleレンズで検索に変わっている。

まあ一番最初の方はなんか変わったのかな~と適当に検索してみたのですが、このGoogleレンズがまあ使えない代物で……そもそもGoogle画像検索を使う人は私みたいに画像の高画質版を探す場合に使うツールのひとつだったと思うので、Googleレンズとは全く用途が違うんですよね。

Googleレンズはその画像に写っているものが何かや、その画像の人物、ものに関連する画像を検索する機能。

というわけで本日は「Googleレンズで検索」を「この画像をGoogleで検索」に戻す方法を教えていきたいと思います。




まずはChromeを最新バージョンにアップデート


まず最初にGoogle Chromeを最新バージョンにアップデートします。これを行わないとそもそも選択する項目が出てこないので注意してください。

Google Chromeを最新バージョンにアップデートしたら、次はGoogleのアドレスバーに以下を入力します。
chrome://flags/#context-menu-search-with-google-lens


するとこんな画面が出てきます。



Google Lens powered image search in the context menu.と書かれている項目を選択します。ここだけ文字が黄色の蛍光ペンで囲まれているので、すぐに分かります。それでも見つけられない場合はGoogle Chromeの機能の一つであるページ内検索を使用して見つけてください。


項目を見つけたらタップして出てきたプルダウンから一番下のDisabledを選択します。


そしたら画面下に表示されるこちらをタップしてGoogle Chromeを再起動させます。


するとGoogleレンズの項目がこの画像をGoogleで検索に変更されます。





もうひとつのやり方はchrome://flagsに飛んで「lens」で検索して「Disabled」を選択。これやると下からRelaunchというやつがせりあがってくるのでそれ押したら勝手に再起動されます。そしたら画像検索が使えるように戻ってる。



元に戻したい場合



元に戻す場合は同じようにアドレスバーにchrome://flags/#context-menu-search-with-google-lensを入力して、出てきたページでGoogleレンズの項目にてDefaultを選択して再起動すればOKです。変更した項目は一番上に移動し青色になるので、探す必要はありません。





Googleレンズはゴミ、画像検索も性能落ちた。イラストのみなら2次元画像検索が最強


ちなみにこのGoogleレンズ、探してる画像がある時はまーじでクソほど使えません。

例えばTwitterで保存した画像の大元を探そうとしてGoogle画像検索しても、勝手にGoogleレンズになって、TwitterでRTしたアカウントのインデックスが数個表示されて元の投稿者は該当なし。いやゴミすぎん?

そういう時は2次元画像検索というサイトでイラスト限定ですが検索できます。昔からGoogle画像検索はpixivやら特定サイトがヒットせず、よくわからん海外の変なサイトのやたら高画質な画像ばっか出てくるので、大元のデータ探したい時はこっちを使うのが定石だったんですけどね。
2次元画像検索 リンク

で、Google画像検索のWebサイトはもうこの方法で戻してもGoogleレンズしか使えません。

つまり上に書いたようにゴミ。


まあこれに関しては元々Google画像検索でもTwitterのRTのインデックスが流れまくって何の役にも立たない訳ですが、にしても一旦Googleレンズとかいうゴミを挟む理由は?
これのせいで一旦どっかしらに画像をアップロードして、それを長押ししてGoogle画像検索するというわけわからん手順を踏まないともうまともに検索できません。アホか?余計なことすんなよ。

Google画像検索なら一応1番上に一番高画質なデータ出てくるから保存だけはできます。


大元探したい時はそこから2次元画像検索で。これはpixivだろうがTwitterだろうが大元しか表示しないんでまじ優秀。
関連記事

スポンサーリンク