才能のない絵が下手な人間が努力するとどうなるのか実験してみるPart2

♨の人

-

スポンサーリンク

どうも、温泉の人です。

というわけで、前回の記事があまりにも長くなったので、ひとつの区切りとしてこの記事を投稿します。



詳しいことに関しては上記の記事を読んでいただければと思います。

それすらめんどくさい人もいると思うので、私の絵の遍歴をサラッと載せておきますね。


初期












中期













後期









まあご覧の通り、私は才能がない人間。もうなんだかんだ描き始めてそろそろ1年。その結果がこの程度でございます。

で、なんだかんだで絵を描くのを完全にやめていました。しかし本日から再会しようと思ったので、上でも書いたようにひとつの区切りとしてPart2を投稿してるわけですね。




2022年2月7日 ゼロから始めよう


てなわけで本日のイラストがこちら。リハビリとして描いたものになります



二宮飛鳥くんですね。下書きの状態ですが、また今度デジタルで線画にして塗りたいと思います。せっかく買ったペンタブがホコリ被ってるんでね。









2022年2月8日 ホコリの被った液タブを


久々に使いました。どうも、温泉の人です。

というわけで、本日は昨日描いた飛鳥くんをペン入れしてみました。

それがこちらです。



目を塗らないと下手なのを誤魔化せないなんか怖いので、とりあえずレイヤー分けて適当に入れときました。


左右反転したものがこちらになります。過去絵と比較するとだいぶマシなんじゃないでしょうか。

過去絵の左右反転↓


これにはデジタルのマジックがかかっています。


下書きと重ねてみたものがこちら。

見てのとおり、目や眉の位置を選択ツールでちょちょっと移動させてます。

他にも左右反転しながら左右対称になるように書き足したり消したり、時には角度を傾けたりしてバランスを取ろうと小細工した結果、結構左右対称に描けたと個人的には思っています。

てなわけでまた後日色塗りしたいと思います。デジタルなのに線がガタガタとか言うんじゃねーよ。

あ、これは個人的なアレなんですが、二宮飛鳥ってその人によりどう呼ぶか変わりますよね。飛鳥くんなのか、飛鳥ちゃんなのか。私はずっと飛鳥くんです。なんとなく。





2022年2月10日 色塗りは難しい


というわけで、色を塗りました。


色を塗ると心做しか随分女の子っぽくなりましたね。これは飛鳥ちゃんだわ。

色塗りってマジでわけが分かりません。どうすりゃいいのかまーじでわからん。

あと、ペーパーライクフィルムってマジで真の減り早いですね。大して描きこんでない私の絵ですら1枚完成させたら芯がもう減ってる。そろそろ替芯を買おうかなと思っています。




2022年2月15日 正面以外が描けない


どうも、温泉の人です。

絵を描くのってやる気と時間と体力の3つが必要なのでなかなか描けないんですよね。

てなわけで正面以外が描けないので本日は斜め顔の練習でございます。



かなりやる気がないのが伝わってくる絵ですね。というか正面以外をどうやって書けばいいのか全くわからん。



昔の絵ですが、昔の方が描けてますねやっぱり。やはり休んでいた代償は大きいようです。

せめて毎日目くらいは練習しようかな、そう考えている今日この頃。





2022年2月21日 久しぶりのイラスト


どうも、温泉の人です。

というわけで、久しぶりに絵を描きました。


早坂美玲ちゃんです。正面以外を描かなければならないのは分かってるんですが、やっぱどうしても正面を描いてしまいます。


ちなみに今回は自分用のメモとして輪郭を描いた時のものも写真に撮っておきました。

にしても絵を書くペースにかなりの感覚が開きますねぇ。どうしたものでしょうか。




2022年2月22日 ペン入れは楽しい


どうも、温泉の人です。


というわけで、前回描いたみれーちゃをペン入れしました。


今回もデジタルのマジックを使ってます。ただ、今回は片目が隠れてるので位置調整とかはほとんどしてません。まあ左右反転すると違和感出るんですけどね。

それよりもペン入れって楽しいですね。余計な線が消えるし下書きより上手く見える気がします。手とかはほぼ描き変えました。

あとは手ブレ補正を強めにかけてます。線がガタガタになるのが嫌なので。


ちなみに今回も例のごとく瞳は適当にレイヤー分けて塗っただけですから、白目バージョンもどうぞ。

今後も更新予定です。



2022年9月15日 半年ぶりのお絵描き



お久しぶりぶりぶり大根です。温泉の人です。

あれから色々ありまして、まあ半年以上イラストをやめておりました。

で、暫くはイラストのことなど全く考えず過ごしていたのですが、最近Twitterで同業者、つまりプロデューサーさんとFFになる機会が前より増えました。

するとですね、プロデューサー兼絵描きの方とも繋がることがたまにあるんですよ。ほんと私みたいなのと絵描き様がFFなんて烏滸がましいにも程があるんですけどね。

で、そういや俺もイラスト練習してたな~って思って、昔の自分の絵を見てたわけです。

そしたらですね、「そういや最近AIがイラスト書くのが流行ってたな、自動着色サービスとかもあったんだっけ?」なんて事を思いまして、自分の過去の絵を自動着色サービスで塗ってもらったわけです。

それがこれ。





これを見ると、なんかまた絵描いてみるかな?って気になりました。

てなわけで、久々に絵を描いたんですが……さすがに半年も絵を描くのをやめてると描き方もほぼ忘れてしまっていましたね。

アタリの取り方、左右対称にするために左側から書く、みたいな基本的なことすら忘れてしまっていたので、苦労しました。

そんなこんなで出来上がったのがこれ。美嘉姉です。


今回は公式のイラストの目、まあ具体的にはまつ毛を少し意識して描きました。最初はほんとに絵の描き方全部忘れてて「あっ、これまじでやべーかも」って思ったんですが、しばらく描いていると少しだけ描き方を思い出したのかさすがに0からリスタートとは行かず、半年前の8割くらいの絵は描けた気がします。多分。

左右反転しても目の高さが全く違うとか、そういうめちゃくちゃ違和感ある感じにもならなかったんで、半年絵を描くのを辞めてもある程度体は覚えてるみたいです。ただ、正面絵を描いたつもりなのに反転すると斜めになってたのは気になりますけど。

てなわけで、祝すべきイラスト練習再開?の日は秋月涼ちんの誕生日でした。

それでは。




2022年9月16日 描きたいものを描きたいように




どうも、というわけでお絵描き復活2日目は島村卯月です。

卯月と言えば笑顔。そしてダブルピース。ヘタクソが言うのもなんですが、なんかこの絵ちょっと可愛い感じしません?

実は私が顔のパーツの中で一番苦手なのって口なんですよね。なので今までの絵はどれも口が微笑という感じのものばかりでした。ここまで笑顔のイラストを描いたのは初めてです。
あと、今回は輪郭、フェイスラインもいつもより上手く描けた気がする。いつもは輪郭が髪で隠れるキャラばかり描いてますからね。
描顔を描くのでだいぶ時間を使ったので体は結構適当ですが。

てなわけで以上。





2022年9月20日 お絵描き難しいよ~




どうも、温泉の人です。というわけで本日は智絵里を描きました。

私、やっぱりタレ目を描くのが苦手みたいで、自分では結構タレ目に描いたつもりでも、見てみると普通な感じになってますね。

他には最近、というか厳密には美玲を描いたときくらいから意識して輪郭の描き方を少し変えてみてます。昔の絵がこんな感じなんですが、ちょっと変わってるのが分かると思います。

体は相変わらず苦手。手とかどう描けばいいか全く分からないので、適当に誤魔化してます。

というか、描いてる時はいい感じに見えても、写真で撮るとバランスの崩壊が露骨になるのってちょっと辛いものがありますね。割と上手く描けたんじゃない?→いや、こことかこことかおかしいやん……みたいな感じで。

まあ描いてて楽しいか楽しくないかで言われたら楽しいんですけどね。

それでは。



2022年9月22日 イラストを舐めてました



もう俺はダメかもしれない。かなり精神ダメージを受けてる温泉の人です。

いやね、あまりにも成長が見られないもんなんで、根本的にもうこのまま描いててもダメなんじゃないかと思いまして、一回本当にとことん突き詰めてやろうと思って描き始めたわけですよ。

まず、私の絵と他の上手い人の絵を見比べて、まずどこが違うか。で、思ったこととして、私の絵ってやっぱどこか輪郭が面長なんですね。なので、上手い人の輪郭の形を参考にして、更に頬と顎に角度をつけてみました。


で、まずこんな感じで描くわけですね。

そして目、鼻、口を描く。
目は過去に初心者向けの動画で見た、パーツごとに分けて利き腕じゃない方から描くというやり方でやりました。



で、いつもならこのまま描いて行くんですが、今回はとことん突き詰めるために写真を撮影して、それを左右反転してみました。


するとどうでしょう。とんでもなく崩壊してしまいました。ベースと配置が狂ってたらそもそもいくら髪型や目を描き込んでも違和感のせいで上手くは見えないわけなんで、これを修正します。
(上手いというか、最低限左右反転しても全く違和感がないのがイラストのスターラインだと思いました)

で、それが終わったらまた撮影して、

修正。

撮影して、

修正

これを繰り返す。


輪郭が狂ってたら思い切って消してしまって、輪郭も描き変える。
顔の中心もズラしちゃう。
消したらもう一度描けるか不安という気持ちを「どうせ下手なんだ変わりゃしねぇよ」という気持ちで押し殺す。




それを10数回繰り返して、ゲシュタルト崩壊や指の痛み、辛さに耐えきれなくなったところで今回はギブアップしました。本当はまだまだズレてますが、もう心が耐えられない。ここまで2時間近くかかってます。いつもなら1時間で1枚描いてるので、ほんとかなり辛かったですね。スケッチブックなんかもうズタボロだしいくら消しても黒いシミが完全に消えません。










そしたらあとは口をもっとちゃんと書き換えたり、髪の毛を書いたりして、顔はなんとかいい感じにまで持っていくことが出来ました。目はズレてますけどね。


で、体を書いて完成。体に関しては勉強したことすらないし、もう体力も気力も限界なので適当で許してくださいお願いします何でもしません。

描いても描いても上手くならなかったのでちょっと無理してみましたけど、まあ確かにいつもよりは上手く描けた気がします。

……が、しかし。これはあまりにも辛すぎます。面白くないと思った模写の何倍もつまらん、というかもはや辛い。
こんなに辛いことを毎日とか無理だってばよ。真面目に上手くなろうという気持ちがあればあるほど、余程の気力がないとイラストなんかもうやってられるかよ!ってなると思います。

絵が上手い人っていつもこんなことやってんのかなぁ。でも大抵の絵描きさんは1時間お絵描き勝負とかちょっとしたラクガキでも俺の絵の何倍も上手いし、やっぱ才能ないと手間かけて差を埋めるしかないんですかね。自分の才の無さが辛い。

そして人生で初めて本気のその更に上の気持ちで絵を描いてみて分かったことは、絵師さんは一般人の想像の遥か上を行く神だということですね。誰でも描けるとか言ってる奴、無理だからな。ソースは俺。

それでは。






ブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク