イラストのバランスを整える絵描き歌を考える

♨の人

-

スポンサーリンク


まずこんな感じで輪郭と瞳を描きます。瞳の向きがチグハグだとロンパリ的な違和感が出る(左右反転するとわかる)ので、まつ毛ではなく瞳のみを書いて向きと大きさを合わせてみました。


そしてまつ毛。横向かせるなら瞳の位置は大げさに変えます。左右反転コピペしてもチグハグなのは大抵瞳の位置がチグハグで散眼になってるのが原因だったのでそうしてみました。


まつ毛を書き込みました。この時点では目線会ってんのにどんどん描いていくとおかしくなっていくフシギ。これだから嫌い。


本田未央にしました。見てわかる通り顎削ってます。整形手術は必須条件。顔のバランスおかしい時大抵中顔面短くしてフェイスライン削ればなんとかなる。


クラゲの触手を生やしました。あと目の形を二宮飛鳥っぽくします。これは本家見て。
二宮飛鳥、神崎蘭子は目頭がかなり鋭利に下に入り込み、瞳の形は下側が細くなっているのが特徴。こういうのは自分で見て分析するしかないです。目で見たものをそのまま書くんじゃなくて、個別の情報として言語化すると理解しやすい。

例えば輪郭の右側は左側よりは上、というような具体的な指標を持つだけで、とりあえずここより上げてはならない、みたいな基準が出来るので模写のバランスは取りやすくなります。
【画伯・超初心者向け】自分の絵柄が嫌いとかわからないならまず参考になるテンプレートを作ればよくねって記事【お絵描き、イラスト】

【画伯・超初心者向け】自分の絵柄が嫌いとかわからないならまず参考になるテンプレートを作ればよくねって記事【お絵描き、イラスト】

才能のない絵が下手な人間が努力するとどうなるのか実験してみるPart2tonaburo.comてなわけで前回の記事は終了したわけなんですが、描いてるうちにまだまだ色んな気付きが湧いて出てくるので備忘録的にイラストの記事を書いて行くことにしました。というわけで専用のカテゴリも用意。これからお絵描き関連の記事はこのカテゴリにぶち込んでいきます。あ、勘違いしないで頂きたいのは、私は客観的に見れば明らかに下手くそな絵を自...



で、アタリ的な部分から人間の形にしていくここが最も難関。なぜなら目の形を変える=描き込みを増やす=全体のバランスが崩れて台無しのパターンに入りやすいから。

あと、瞳孔の位置は未だにどうすればいいのか明確にわからんのでトライアンドエラー。今度分析してみるつもり。とりあえず異常にでかくする、向き、高さがちぐはぐがダメなのはわかった。脳死ど真ん中はどうなんだろうね。


微妙に調整して色塗りM@S。ほっぺたのチークを塗ると顔のバランスがよく見えるのは中顔面が短くなるから全体的に間延びした印象が緩和されるゆえの減少。基本困ったらほっぺに斜線入れとけば問題ない。


ただし、解釈違いになることもあるので入れないこともあります。

今回は完成ですが、アナログの場合なんか違和感残るな?って時は基本的に左右反転すると死亡します。スマホのカメラを通して違和感があるとその時点でダメ。
(紙とカメラの角度がピッタリでは無いので少しパースが変わりますが、その際に左右のズレが誇張され左右の目で見ている肉眼より酷く見える)

そしてカメラの写真で違和感なくても左右反転すると結構イカれた非対称だったりするので、それを見て修正していく感じ。でもデジタルじゃないとなかなか厳しい精神修行になるので基本は定期的に描きながら紙を証明に透かして左右のバランス見た方がいいかな。一気に直すなら一から描いた方が早いなんてことにもなるので。

絵を描くのは嫌いじゃないけど苦手です。今年は1ヶ月に1枚ペースで2枚描ければいい方、デジタルイラストはほとんど触れなくなり半年に1回ペースになりました。

ビフォーアフターを見ても正直誤差レベルというか。まあ格闘技やってるんで分かりますが、月一数時間の練習とかほぼ素人と変わらんので精密作業のお絵描きはそりゃあかんわなと。筋トレも数ヶ月も休んだらただのデブになるし残当。Twitter凍結するしほんま。

来年は少しは上手くなれればいいんですけどね。以上。
関連記事

スポンサーリンク