HIKARIキラピピやカメプロスのかしこってなに?お菓子の粉?樫の木粉?

♨の人

-

スポンサーリンク



日本のペットフード会社の超大手メーカー、株式会社KYORINのブランド「HIKARI(ヒカリ)」

そんなHIKARIの販売する餌には、「かしこ」という謎の材料が配合されていることがあります。


HIKARIキラピピ(インコの餌)やHIKARIカメプロス(亀の餌)、HIKARIムスター(ハムスターの餌)など色んな餌に配合されている謎の成分、「かしこ」について当記事では解説していきます。




かしこはお菓子の粉


まず、「かしこ」は、漢字にすると「菓子粉」です。樫の木の粉ではなく、お菓子の粉で「かしこ」です。

畜産業で主に使われる菓子粉は、一般的には食品加工産業で使用されたり、加工中に生じた余剰の副産物です。エコフィードという、食品残さ(残飯や廃棄物)を使った家畜資料用の原料のひとつです。

飼料設計 | 株式会社 島根ポーク

飼料設計 | 株式会社 島根ポーク


菓子粉に関しては一般的に出回っているものではなく、養豚場などが独自資料の原料としてそういう廃棄物などを出す会社と契約して提供してもらっているようです。そのため菓子粉を配合した飼料は一般消費者向けには販売されていないようでした。

菓子粉は穀類や豆類、果物などを原料とした製菓業や食品加工業の生産過程で生じる粉末状の副産物で、安価で栄養価が高く、消化されやすいため、家畜や家禽の餌として使用されています。




残飯やお菓子の粉だからHIKARIキラピピは良くない?ヤバい?


しかし、勘違いしてはいけないのがキョーリンの「かしこ」は上記のものとは全く違います。

キョーリンの「かしこ」は一般的に畜産業で使われる廃棄物としての菓子粉と区別するため、キョーリンが独自に開発した原料の名称として「かしこ」と名付けたオリジナルの原料の名前です。

弊社が独自に名称を付けたオリジナル原料となります。畜産や養殖用飼料の原料として流通している「菓子粉」との混同を避けるためにひらがなの「かしこ」という名称としました。
https://www.kyorin-net.co.jp/bird/bird02.html



成分は原料小麦粉、全卵、砂糖、脱脂乳、脱脂粉乳、バターで、独占契約している製菓メーカーより製品を同じ形状にそろえるための型抜き工程で得られる“ふち”となる部分を提供してもらっているようです。

製品の各原料について、仕入れ先や第三者機関での栄養価の分析証明書等の提示を受けており、品質の安定した、小鳥用として安全で安心できる素材となります。なので人間用のお菓子の廃棄物を配合した健康に悪い餌などでは断じてありません。




HIKARIの餌は高品質で安心安全な国産


キョーリンのHIKARIブランドのペットフードは、安心安全な日本国内で製造された自社製造の国産であることがアピールポイントのひとつになっています。

また、HIKARIの餌は長期給餌試験済みであるものも多く、これは製品が長期間にわたる給餌試験を経て開発されたことを示しています。



この試験は、製品の安全性や有効性を確認し、ペットの健康に影響を与えないことを確認するために一定期間にわたって大規模な試験動物群に製品を与え、その結果を監視・評価します。

これにより、製品の栄養バランス、消化性、健康への影響などが詳細に調査され、製品が長期間にわたってペットに安全かつ健康的に使用されることが確認された場合に、製品が「長期給餌試験済み」と表示されます。

HIKARIの餌は私もたくさん使用してきましたが、どれも素晴らしいものでした。
シェア率も高く、ポリプテルスやナマズなど大型肉食魚の餌としてはHIKARIクレストキャットやHIKARIクレストカーニバルが非常によく使われますし、爬虫類にはHIKARIのレオパゲルやレオパドライが圧倒的なシェア率を誇ります。



亀の餌ならカメプロスや飼育教材亀の餌。


他にもザリガニの餌、鈴虫の餌などの昆虫用飼料から、チンチラ、ハリネズミ、テグーなどの小動物用飼料、他には観賞魚用の病気治療薬までキョーリンは色んなものを製造しており、ワールドブランディングアワーズを3回連続受賞しています。


ワールドブランディングアワーズ(World Branding Awards)は、世界中のブランドに対する賞を贈る国際的なイベントで、さまざまな部門や業界にわたるブランドが対象となり、その優れた業績や功績が表彰されます。

この賞は、ブランドの優れた品質やイノベーション、顧客への価値提供など、さまざまな側面を評価します。また、受賞ブランドはその地域や業界でのリーダーシップを強化し、ブランド価値の向上に貢献することが期待されています。


なのでHIKARIキラピピも安心して使えるでしょう。

むしろ、HIKARIの餌はひかり菌など独自成分を配合していることも多く、高級で安心な餌の分類に入ります。




見出し


今回は、キョーリンの餌に配合されている「かしこ」についての記事でした。参考になりましたら共有などよろしくお願いします。


関連記事

スポンサーリンク