電子タバコ(VAPE)のビタミンEアセテートによる健康被害の嘘と本当。死亡者が出て規制に至ったベイプだがiQOSやプルームテックなどの日本の電子タバコは大丈夫なのか?

♨の人

-

スポンサーリンク

私自身は電子タバコも紙巻きたばこも一切吸わない完全な非喫煙者なのですが、ココ最近の電子タバコに対する情報の錯誤が激しすぎる気がしたので今回自分なりに結論付けて記事にすることにしました

そもそもメディアが好んで使う電子タバコという言葉自体があやふやなものだったのに、さらに死亡者が出て規制なんていうとんでもない事まで起こってしまったもんですからさあ大変。

現状、世のマスコミや嫌煙家、喫煙者がとにかくわけもわからず好き放題言い争っているわけですね

喫煙者はみんなとりあえず紙巻きたばこをやめればいいと思うよ。紙巻やめて電子タバコにすりゃ匂いも受動喫煙も汚れもかなりマシになる【加熱式タバコ・喫煙・有害物質】

文体の関係上誤解を招きそうなんで先に一応言っておきますが、私はどちらかと言うと嫌煙家ではありますがタバコ自体を100%否定する気はありませんしかし、最近ずーっと思っていることがあります「紙巻きたばこ吸ってる人は全員電子タバコにすりゃいいのに」とというわけで、何故そう思っているのか、電子タバコの詳しい詳細なんかについてこの記事では書いていきますこの記事を読み終わる頃にはタバコを少しは辞める気になるかもし...







まあ結論を言ってしまうと、私自身は今回のケースにおける電子タバコは完全な被害者だなと思っていたわけですが、最近追加情報として健康被害を訴えている患者から「ビタミンEアセテート」という物質が検出された、というものが出てきたわけですよ


これをニュースで見た時はさらにややこしくなりそうだな……と思いましたね

ビタミン入りの電子タバコと言えば日本では一時期モデルや芸能人のステマオススメで一般層にもかなり人気になりましたし、今現在も薬局で普通に売ってますもん





てなわけで今回は電子タバコの害とメディアが連呼する成分「ビタミンEアセテート」について徹底的に調べてみたという記事になります



ちなみに私は非喫煙者でVAPE(べイプ)も吸ってはいませんが、過去にとある商品のレビュー記事を書いた時にこの手の情報は腐るほど調べたので、そこらへんのベイパーよりは詳しいと自負しています

なので内容はよくあるクソキュレーションサイトのような薄っぺらいものではありませんのでご安心を。フューズドクラプトンで直ドリした時のミストくらい濃密です
(VAPE初心者の人にはわからんレベルのネタです)



それではどうぞ







※この記事内に幾度となく出現する「VAPE」という単語はベイプと読み、iQOSなどの加熱式タバコとは違いリキッドと呼ばれる液体をコイルで加熱して吸引する製品を指します。今回規制されたのはこのVAPEであり、海外のリキッドは日本の製品と違いニコチンが含まれています。
またこの記事はVAPEの吸引を勧めるわけでもなければ危険性を解いたものでもなく、あくまでも真実のみを伝えようとしているということを最初に記載しておきます





そもそもビタミンEアセテートって何なのさ



まず、ビタミンEアセテートについて説明していきます

ビタミンEアセテートとは、酢酸トコフェロールのエステルを指します

そしてトコフェロールは一般的にはビタミンEを指し、α―トコフェロールを酢酸エステル化して得られるものが酢酸トコフェロールで、これがビタミンEアセテートです
(因みにエステルとは、オキソ酸とアルコール、またはヒドロキシ基を持つフェノールのような化合物から水分子が脱離してできる化合物の総称。この反応を脱水縮合と言う)


主にビタミンEアセテートは酸化防止や皮膚のケア剤として化粧品に配合されている成分であり、他にもトコフェロール酢酸エステルとしてビタミンE剤などに使用されています


このビタミンEアセテートが、今テトラヒドロカンナビノール(THC)と同じく電子タバコによる著しい健康被害の原因だとして調査されているということですね

米国「電子タバコ」健康被害の容疑者「ビタミンEアセテート」とは何か(石田雅彦) - Yahoo!ニュース

米国で電子タバコによる健康被害についてCDCが原因物質の可能性を示唆する発表を行った。すると共通の物質としてビタミンEアセテートが検出されたという。この物質なぜ電子タバコに入れられていたのだろうか。









電子タバコのリキッドにビタミンって結構普通に入ってんだよね



実は、ビタミンが配合されている電子タバコのリキッドは結構多いです

これは味のついたフルーツ物やフレーバー物に限定した話ではなく、単なるメンソールのリキッドなどにも含有されていたりします



しかし、恐れることはありません

なぜなら、恐らく日本国内にて流通しているもの(海外輸入品も含む)に含まれているのは、大抵が酸化防止に微量配合されているだけだと思われるからです

こちらも気化したものを吸引した場合の健康被害についてのデータはありません

芸能人が「ビタミン吸引」「体に良い」と宣伝の商品に専門家「ほとんど意味ない」

「ビタミンを摂取できる」「体に良いタバコ」と宣伝されている電子タバコ型の"ビタミンタバコ”。「ビタバコ」や「ビタシグ」、「C-TEC DUO」などの商品が販売されており、複数の芸能人がSNSで宣伝しています。副作用などの健康への害はないのか。ビタミンを吸引する効果は本当にあるのか。専門家に聞きました。




しかし、アメリカでこれだけ話題になっているのにもかかわらず、日本国内にて扱われているノンニコチンリキッドを使用したVAPEによる健康被害は今のところ特に報告されておりません


と、いうことは、ビタミンCなどが酸化防止剤として微量配合されたまともなVAPEリキッドには、特に健康被害は無いということでしょう







そもそもみんな健康被害の出てる電子タバコリキッドは闇市場の商品だってこと忘れてね?



ここ最近はビタミンEアセテートが含まれていたという情報のみが先行していますが、一番忘れてはいけないのは健康被害を訴えている人間は皆全て裏ルートから入手したTHC含有リキッドを吸っていたということです


そもそも、危険ハーブ然り密造酒然り、裏ルートで取り引きされるようなものがまともな製品であるはずがありません

例えば密造酒の場合、蒸留の際にエタノールより先に抽出されるアセトンやメタノールを含んだ上澄みをそのまま入れて売ったりしている事も多いですし、もっと悪質なものだと度数を高めるため工業用のメタノールを添加したりしたものもあります

他にも違法な薬物であるクラック・コカイン(コカイン塩酸塩を炭酸水素ナトリウムか水酸化ナトリウム処理し、コカインを遊離させ精製したメチルベンゾイルエクゴニン)の話ですが、カナダのRCMPの連邦薬物局の話によると、路上にて販売されるクラック・コカインは不純物によりかさ増しされており、中にはレバミゾールのような有毒な不純物が混ぜられていたものすらあったそうです

レバミゾールで汚染されたコカイン:脈管炎および皮膚壊死の緊急原因 - Bibgraph(ビブグラフ)| PubMedを日本語で論文検索

レバミゾール誘発性血管炎で混入したコカインの有病率は増加しており、医師はこの独特の存在を認識すべきである。レバミゾールで汚染されたコカインによる皮膚血管炎症候群の報告が多数あります。レバミゾールは抗ヘルニア薬として使用され、後に有害作用のた...





このように、裏ルートで取り引きされるようなものに安全性を求める方が間違っているんです

だってそもそも違法なんですから、安全性に配慮する必要なんて全くありませんからね




また、VAPEユーザーは世界に何百万人と存在しますが、その人達による健康被害の訴えは今の今までありません

ココ最近ニュースになったのはあくまでも闇市場で入手したTHCリキッドを吸引していた人達の健康被害です

それに、今回のケースでもCDCの主席副所長、アン・シュチャト氏は「ビタミンEアセテートは製品を改変する目的で追加された可能性がある」「ビタミンEアセテートは過去の研究で肺に悪影響を及ぼす可能性があることは示唆されていたが、発生の原因は複数あり得る」と言っています


なので、そもそも市販されている普通のリキッドの健康被害とはほとんど関係がないと言っても過言ではないくらいなのです
(そもそもメディア陣の作る記事や映像も加熱式タバコとVAPEの区別が曖昧だったりといろいろツッコミどころだらけ)












しかし、上のリンクを見ればわかるように「ビタミンを含んでいる」という事をアピールポイントとして様々なビタミンを含有しているVAPE自体は存在しているため、怖いのであればその商品は避けた方がいいでしょう。
まあ大丈夫だと思うけどね。吸収もされんけど







あと昔から言われてる電子タバコのホルムアルデヒドについて。ドジな研究者のポカでした



ちなみにこの手の記事でよく書かれる「電子タバコ(VAPE)が紙巻きたばこの何倍ものホルムアルデヒドを検出した」って研究データですが、あれは普通にクソデータです

なぜかと言いますと、あれは単に調査の際に電子タバコの使い方を誤り、出力を上げすぎた事が原因だったからです

電子タバコというのはMODと呼ばれる本体から、アトマイザーと呼ばれる部分に電気を送り、その内部の電熱線(コイル)が加熱されて周りのコットンに染み込んだリキッドを蒸発させるという仕組みになっています

で、電子タバコには色々あるのですが、その中にテクニカルMODというものがあります

これは自分で流す電力の強さを変えることが出来るもので、大抵は1~100wですが中には200wを超えるものも存在します


また、VAPEのアトマイザーは取り外して付け替えることを前提としており、コイルにはそれぞれ抵抗値が決まっています

抵抗値が変われば同じW数でも発生する熱量が全く変わってくるので、普通は自分で適度に調整します



しかし、それを知らない研究者は、MAXパワーで起動させてしまいました

その結果リキッドの配給不足によるコットンの焦げ(VAPE用語でドライヒットと言います)でホルムアルデヒドが発生してしまい、それが検出されてしまった、というクソみたいなオチでした
(もしくはオームの法則も知らずにメカニカルMODを使ったか、ですかね。メカニカルMODは電池のパワーをそのままアトマイザーに伝えるタイプです。VAPEの爆発事件はほぼ全部これ)


ちなみにVAPEにおけるコットンの焦げにより発生する特有の臭気と刺激は「イガる」と言われとても嫌われているものであり、わかりやすく例えると紙巻きたばこのフィルターを焦がして吸っているのと同じようなものになります









あとがき。今現在は問題ないと思うし普通に吸ってればいいんじゃねーの。つかプルームテックはVAPEだからJTはちょっと焦ってるかもね



とまあこんな感じで今回の記事は終わりです。ぶっちゃけ何回も言いますけども私は別に電子タバコに害はないと思ってますよ。最初からね

だって所詮PGとVGだしね。このふたつが何に使われてるか知ってる人なら特に問題視しなくていいってのがわかるはず

電子タバコ(VAPE)の煙は水蒸気じゃない。あれはグリセリン(VG)とプロピレングリコール(PG)の蒸気です【イーグルエナジーはまずい?】

電子タバコ、一昔前に出た時は色々騒がれていたものの、今じゃもう当たり前のようにみんな持っていて結構なシェア率を誇ってますよね特にiQOSやプルームテックなんかはコンビニでも購入でき広告も多く知名度も高いため、非常に人気がある商品ですiQOSやプルームテックは加熱式タバコと呼ばれるもので、タバコの葉を燃やすのではなく加熱することにより煙を出しています。そのため、これまでの紙巻タバコと較べて害や煙、嫌な匂いも...




それにもし本当に害があるなら、クラウドチェイサーとかレビュワー、トリッカーなんかは既に健康被害出ててもおかしくないと思うんだよねぇ。吸う頻度、量が一般人とは大違いだし、電子タバコなんてもう何年も前から売ってるものだしね


今更になってアメリカで健康被害、しかも全員が闇市のTHCリキッドを吸ってた、って

正直なところ「ふーん」としか言えんですわ



普通のリキッド吸ってる人に関しちゃ無問題でしょう


問題になりそうなのは自作リキッドとか銘打ってモンダミンとかガムシロとか赤ワインとか溶かしたグリセリン吸ったりしてる一部の層かな?あれはヤバそう。というかヤバい。アホだわあいつら(確信)

マジで質が闇市レベルと変わんないから真似しないでね。マトモな知識のあるVAPEユーザーなら多分しないと思うけどもさ、一応ね





あ、あとJTは今回の件どう思ってんだろうか、ってのはありますね

JTの販売しているプルームテック、あれは一応低温加熱式タバコと銘打ってますが、仕組み自体は完全に旧型のカートリッジ式VAPEなんですよね

当然、中身も普通にVAPEリキッドと同じものです


さらに言えばプルームテック+なんてほとんどPOD型PAPEですしね



なのでVAPEが死ぬほど危険ならプルームテックも死ぬほどきけ……おっと誰か来たようだ




てなわけで♨の人でした。それでは本日もご安全に

以上です

ブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク